愛猫を可愛く撮影 できる!5つのテクニック

愛猫を可愛く撮影 できる!5つのテクニック

sponsored link

愛猫の可愛い写真を撮ってみよう!

犬と並んで、昔から身近な存在として可愛がられているのが猫です。

猫は小さな体でありながら、とても柔軟性に富んでおり、愛嬌のある仕草が多くの人達を魅了しています。

ペットとして猫を飼うだけでなく、可愛らしい仕草を写真に収めることによって、いつでもその姿を振り返ることが出来るのが大きなメリットです。
携帯電話やスマートフォンに保存しておく以外にも、SNSで猫のとっておきの写真をお披露目するなど、撮影方法を工夫してみましょう。

すばしっこい猫を撮影する時のポイント

猫は気まぐれに動き回りますから、即座にシャッターを切らないとすぐに動いてしまったり、違うポーズに変わってしまいます。それに、意図的に可愛いポーズをキープさせるのは至難の業です。

せっかく魅力的なポーズを撮影できたとしても、ぶれてしまったり逆光だったり、見栄えが悪くなってしまっては、これまでの努力も台無しです。
撮影するコツをつかんで、自慢の猫ちゃんを綺麗に撮影してみましょう。

撮影の準備

猫写真の撮り方02

ベストポーズを撮影するためには、準備を欠かさないようにしたいところです。
カメラはいつでも撮影できるよう、常に近くに置いておくようにしてください。
遠く離れた場所に置いてしまっては、カメラを取りに行っている間に猫のポーズが変わってしまったり、猫が移動してしまいます。

できれば、カメラを常に首から掛けたり、コンパクトデジタルカメラを服のポケットに入れておけば、直ちにシャッターを切ることができます。
カメラをポケットから取り出す際には、落とした音で猫をびっくりさせないよう気をつけてください。

猫をカメラに慣らそう

猫がカメラに驚かないよう、あらかじめ慣れさせておくことが大事です。
カメラのレンズが巨大な生き物の目に見えてしまったり、シャッター音に驚いてしまう猫はたくさんいます。
もしも一度恐怖を覚えてしまうと、その後はカメラを掲げただけで逃げてしまい、なかなか写真を撮らせてもらえなくなってしまいます。

対策として、おもちゃなどの猫が大好きなものを側に置いておきましょう。
それに気を取られたり夢中になって、カメラへの意識が弱まった隙に撮影します。

猫のポーズの癖を知ろう

ユニークな行動をするのが猫の醍醐味ですが、猫それぞれにさまざまな癖があるため、よく観察しましょう。
すると、ある程度次の行動を予測しやすいパターンが見つかってきます。
その瞬間にシャッターを切れば、狙ったポーズで撮影することが可能です。

視線の高さは猫と同じにして

カメラの目線は、猫の目線と同じ高さにしてみましょう。上から撮影すると圧迫感があり、猫が違和感を持ってしまうからです。
撮影者が腹ばいになることで、猫と同じ目線に近づけることができます。

その際には、望遠機能が付いたカメラがおすすめです。
遠く離れた場所にいても、まるで側にいるような迫力で撮影することができます。

スキンシップは日頃から欠かさないで

猫写真の撮り方03

猫とのスキンシップを怠らないようにしましょう。
猫との信頼関係が築けると、リラックスして動きや表情が豊かになり、より写真のバリエーションに幅をもたせることが出来るようになります。

これらのテクニックを駆使して、たくさんの可愛い写真を収めてくださいね。

猫の名前 をつけるなら?似合う名前のヒントと人気BEST3

猫 の世話は意外と楽!

投稿者プロフィール

catcub
catcub
コテツって言うにゃりよ。猫の種類、面白い写真や動画など、猫好きのための、いや、肉球好きのための情報を配信するにゃり。

sponsored link