猫の夜鳴きの原因は?夜鳴きの意味や夜鳴きの対策

猫の夜鳴きの原因は?夜鳴きの意味や夜鳴きの対策

人気のペットの一つにもあげられる猫ですが、猫の夜鳴きに悩んでいる飼い主は意外にも多く見られます。

猫が夜鳴きをすることを問題行動だと思い悩んでしまう人もいますが、これは問題行動であるとはいえません。

本来、猫は夜行性の動物です。午前中はしっかりと寝て、夜中に狩りに行く習性をもっているのです。

夜中に活発に行動するのに、飼い主である人間は寝てしまうので、周りは真っ暗で、静かな環境です。そのため猫が必死に何かを伝えようとしているのかもしれないことを頭に入れておきましょう。

sponsored link

猫の夜鳴きの原因

寝ている猫

猫の夜鳴きの原因としては、子猫の場合には人間の赤ちゃんのように鳴いていたり、去勢や避妊の手術をした後にはホルモンバランスが崩れ鳴いている可能性もあります。

餌が欲しくて鳴いていたり、寝床が落ち着かなくて鳴いている可能性もあります。

猫の夜鳴き対策

このような猫の夜鳴きの対策としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

まず最初に飼い主の中には、夜鳴きをいけないことだと分からせるために、叩いたり怒鳴ったりすることで、鳴き止ませようとする人もいるでしょう。

しかしこの方法は危険な行為であるともいえます。人間に対して不安や寂しさを持っている時に、怖がらせてしまうとどうなるでしょうか。

余計に不安がったりさみしがったりして鳴き止まないことも考えられます。まずは夜鳴きの意味を考えることが大切です。

猫の身の回りの状態や、子猫であるのか高齢の猫であるのか、身のまわりをよく確認するようにしましょう。

ただ単にかまってほしくて鳴いているのであれば、むやみにかまうと逆効果になります。鳴けば相手をしてくれるんだと判断し、余計に鳴いてしまうことが考えられます。

このような場合、夜中に鳴きだした場合にはほうっておき、代わりに帰宅した時や昼間などに沢山遊んであげるようにしましょう。

夜鳴きの原因は空腹によることも

寝ている子猫

えさに満足しているかということも重要になります。きちんと猫に合ったものを与えているか確認しましょう。あまり食べていない場合には、餌が体にあっていない可能性もあります。場合によっては餌を与える時間を変えてみるのもよいでしょう。

猫の体内時計を変えるのも一つの方法です。

朝昼の餌は控えめにして昼間は運動させて疲れさせ、夜に餌を多めに与えると、夜は満腹で眠い、昼間によく動いたから疲れて眠いという体内時計のリズムを、人間に合わせることができます。

気がつくことは試してみよう

そのほかにもトイレを清潔にしたり、寝床に湯たんぽなどのあたたかいものを入れたり、心臓の音に近い時計の秒針をきかせるために、時計を寝床の近くに置く方法も試してみると良いでしょう。

猫砂の種類 とメリット・デメリット総まとめ

猫の鳴き声は鳴き方の種類もあり鳴く理由もある

猫の鳴き声

猫をはじめて飼ったばかりのころは、鳴き声の種類もよくわからないし、今なんで鳴いているのかもよくわからないということがあります。

また、自分の猫がとてもかわいくてたまらないから、猫と話がしたいと思っている飼い主も多いのではないでしょうか。

もちろん猫は、人間のように話すことは無理ですが、猫の鳴き声を聞いていると、だんだん鳴き方の種類や違いがあるということに気がつきます。そして猫がなんで鳴いているのか理由がわかってきますよ。

猫の代表的な鳴き方とは

代表的な鳴き方は、ごはんをほしいときになく、「ニャー」、「ニャオ」、「ニャオーン」という鳴き方です。

これはごはんを用意しているときの鳴き声で、ごはんの時間になると飼い主に近づいて鳴く声なのです。猫を飼ってから一番はじめに判断できる鳴き声かもしれません。

この鳴き声はもちろん、お腹がすいているときです。

「グルグル」「ゴロゴロ」猫の鳴き方

グルグル、ごろごろという鳴き方をしているときは、リラックスしたり満足しているときに発します。飼い主はこの鳴き声をきくと、癒されてリラックスできたりすることが多いんです。

感情による猫の鳴き声の違い

また見慣れない猫をみたときに「シャー」とか、「ウー」という鳴き声をあげますが、これは威嚇をしていて怒っているときですから、近づいてほしくないという鳴き声です。

さらに春先などになってアオーンという鳴き方をする時期がありますが、これは発情の時期です。避妊や去勢をしていない猫ですと、余計に鳴くこともあります。鳴く姿を見かねて、外に出してしまうと野良猫と接触して病気に感染する場合があるため注意が必要です。

ときどき聞く猫の鳴き声

猫の鳴き声(子猫)

夏になると、ときどき家の天井付近をみつめて「カッカッ」という鳴き声をするときがあります。これは虫をみつけたときです。また鳥をみつけた時も同様の鳴き方をします。

この鳴き方をするのはなぜでしょう。

それは、猫はもともと狩猟本能を持っているので、獲物をみつけたときにこのような鳴き方をすることがあります。聞きなれない鳴き方をするのには、そんな理由があったんです。

このほかにも飼い主だけにする甘えた声や、なにかを訴えている鳴き声をするときがありますがそれは、猫によってさまざまです。

猫といっても個性があります。また日本の猫というようにひとくくりにされますが、性格もその猫によってさまざまですし、よく鳴く猫もいればまったく鳴かないという猫もいうのが事実です。

ですから飼い主は、いつも猫との生活の中で鳴き声をよく聞いて、体調の変化を感じてあげるということも大切です。猫は人が思っている以上にデリケートで頭の良い生き物なのです。

不思議なことだらけ!猫の不思議 な行動4選!

猫エイズ02

不思議なことだらけの猫の行動。

猫は自分の名前を把握していると思いますか?

科学的には声がするからそちらのほうを向いていただけという意見が多いのですが、実は自分の名前はきちんと把握しているように思えます。

呼べば返事をする不思議

猫は姿が見えないのに名前を呼ばれれば返事をしたりすることもありますし、こちらに向かって走ってきてくれる姿はとても愛らしく感動的です。

雨の日や風の強い日にも勝手に外出して、その気ままさと気紛れさにはあきれてしまうことも多いのですが、探しに行って近くにいたときには名前を呼ばれれば返事をしてくれるのです。

周波数の不思議

周波数の不思議本で読んだことがあるのですが、人間や動物には独自の周波数があり、動物は人間のそれを敏感に察知しているということもあるようです。

飼い主が外出して、自宅でお留守番をしている動物が飼い主の帰宅時間になるとそわそわしたり、玄関で待機したりしているということはよく耳にしますよね。

それは周波数なのではないかという理論なのです。

とても興味深いと思いませんか?

キャットフードの不思議

キャットフードの不思議我が家の猫は自分が聞きたくないことは知らないふりをしてとぼけます。

美味しいごはんが出ないと催促しますし、美味しいごはんが出てくるまでハンストすることもあります。

猫は気に入らない食べ物を徹底的に食べないという困った性質があり、病気になっても頑固に貫くことがありますので、飼い主のほうが結局折れることになります。

私もドライフードのカリカリを食べてくれないので、ウェットフードをあげていましたが、いざカリカリに戻そうとすると根気の勝負になります。

猫も味のついているほうが美味しく感じてしまうようで、人間の食べ物にもたまに興味を示しますが、全く興味を持たないこともあるので、キャットフードはどれだけ猫にとって美味しい食べ物なのかという気がします。

聴力の不思議

聴力の不思議不思議 なことといえば、家のどのドアや窓が開いているかが察知できる能力があるように思えます。

ふらりと出ていくのですが、やはり耳がいいのかもしれません。

自宅の庭から全くでない猫もいるのに、外に遊びに行く猫とどこが違うのかも不思議 です。

投稿者プロフィール

catcub
catcub
コテツって言うにゃりよ。猫の種類、面白い写真や動画など、猫好きのための、いや、肉球好きのための情報を配信するにゃり。

sponsored link