猫の魅力と飼う時の選び方と餌の違いと注意点

猫の魅力と飼う時の選び方と餌の違いと注意点

sponsored link

猫の魅力と飼う時の注意点

猫の魅力は何だと思いますか?

人それぞれ、色んな部分に魅力を感じるでしょう。

私自身が思う猫の魅力と、買う時の注意点を紹介します。

猫はメディアでも大人気!

猫のチャームポイント02

猫ブーム、到来!

テレビドラマやCMなどにも色んな猫が登場し、ブログで人気がある猫も個性的な猫が多いです。

その猫たちは皆かわいらしく、特に印象に残る猫はボリューム感があったり、独創的な表情をしています。

ペット用品のCMに出てくる猫は、スリムな体型で目がぱっちりしていて、誰が見ても第一印象で「かわいい!」とウキウキしてしまうような子が多く選ばれます。

色んな魅力を楽しもう!

飼い主にすり寄ってきて甘える猫だけではなく、孤高を感じさせプライドが高そうな雰囲気を持つ子も人気があります。

ンとした感じも猫の魅力の一つですよね。

性格や雰囲気に限らず、見た目も魅力的な子が多いです。

例えば、ちょっときつめの目をしていることが多いアメリカンショートヘア。

ふんわりとした毛並みの質感が素晴らしく、ちょっと小さめな体のサイズも親近感がわきます。

さらに普段はのんびりしている猫や寝てばかりいる猫でも、瞬間的に高い所へジャンプしたり、動くものを必死に追いかける時の機敏さにも驚かされます。

普段ののんびりした仕草とのギャップの大きさもまた、猫の魅力と言えるでしょう。

猫は全速力で走ると時速30キロくらいのスピードが出せるといわれており、本気で逃げられたら追いかけることはできませんが、飼い主の呼ぶ声に立ち止まり、そばに行くまで待っていてくれるようなけなげさにも惹かれます。

もともと野生的で生きている鳥やねずみを狩猟して食べていた猫は、ある程度放っておいても、わりと丈夫で元気に過ごすという点で、飼いやすさを感じる人も多いと思います。

元気いっぱいの猫を見ていると、こちらまでパワーをもらえます!

飼う時はフードと水分に気をつけよう!

猫 のチャームポイント03

猫を可愛がりながら楽しく飼うためには、特にフードと水分補給に気をつけましょう。

現在販売されている一般のフードは穀物を粉砕して野菜や肉と混ぜていることが多く、猫が消化しづらい穀物がたくさん含まれていることから、アレルギー体質になるというトラブルも続出しています。

肉をメインにしているものやオーガニックなものを使用しているなど、できるだけ良質なフードを選ぶことが猫の健康にはとても重要です。

また、猫はもともと砂漠で暮らしていたとも言われていることから、あまり水を積極的に飲まないため、ウェットフードなどで水分を補給してあげるなどの工夫をすることも大切です。

猫といえばミルクを好むという印象がありますが、人間が飲む牛乳は猫が消化しづらい成分が入っていますので、猫専用のミルクをあげるようにしましょう。

猫の餌はドライフードとネコ缶どっちを選ぶ?

猫の餌

猫の餌として、ドライフード(カリカリ)とネコ缶ではどちらが良いのか悩む人もいるかも知れません。

これは、どちらの餌にも一長一短があるので、片方が優れているとは一概に言えません。

猫の餌で無難な商品

基本的にはカリカリと呼ばれるタイプのものは、必要な栄養素が十分に含まれているケースが多いので、カリカリタイプの餌を食べてくれるのであれば、カリカリだけを与え続けるのが良いでしょう。

それに対してネコ缶というのは、十分な栄養素が含まれているわけではなく、おやつやご褒美として与えることを前提としたものが多く存在します。そのようなタイプのネコ缶と比較すると、やはりカリカリのほうが優れているといえるでしょう。

しかし、ネコ缶にも十分な栄養素が含まれているのであれば、猫の好みや体調に合わせて餌を選ぶのが良いでしょう。

猫の餌は年齢も考えて

猫も歳をとりますよね。若年の猫は歯も丈夫ですから、固いカリカリであっても問題なく食べることができます。しかし年を取ってくると歯が弱ってきます。

そうなってしまうと、カリカリは猫にとって食べにくくなってしまうことがあります。

固い餌を食べるのが難しくなった猫であれば、カリカリからネコ缶に切り替えることによって、柔らかい分だけ食べやすくなり食事をするのに苦労をしなくなります。

餌を食べる猫

ドライフードのデメリット

ドライフードは、尿路結石になりやすいと言われています。

そのため、持病を持っている猫の場合には、カリカリではなくネコ缶を選んだほうが再発リスクが低くなるため、ネコ缶の方が向いている餌ということになります。

逆に、特別健康上の問題がないというのであれば、柔らかいネコ缶よりも栄養も十分に含まれていて価格も安価であるドライフードを選んだほうが良いといえます。

猫缶のデメリット

あまり柔らかいものばかり食べさせていると、それが老化の原因になってしまうこともあります。

更にネコ缶には歯石などが付着しやすいと言った欠点もあります。

その部分を考えれば、よほど食べてくれないという理由がない限りは、ドライフードを与えたほうが良いでしょう。

猫の餌として重要な部分

結論としては使い分けることが重要であり、ドライフードを食べるのに苦労をする年齢になったらネコ缶に切り替えたり、なにか良いことをした時などのご褒美としてネコ缶を与えると言ったやり方があります。

猫に食欲が無く、ネコ缶であれば食べてくれるというときには、何も食べないよりはずっとマシですから、カリカリより食べやすいネコ缶を与えるという方法も間違ってはいません。

ドライフードにもネコ缶にも一長一短がありますから、どちらか一方が絶対でありもう片方はよくないということはありません。それぞれの特徴を理解した上で、与えるものを決めるのが一番です。

猫の年齢がわからない

猫の年齢は人の年齢の数え方とは違います。自分の飼っている猫の年齢がわからないから、歯が弱ってるかわからない。そんな方はここから猫の年齢を確認してください。

飼い猫の年齢を確認しておくのは、餌を区別することだけではなく病気の予防にも役立ちます。今からでも基礎知識を見直してみましょう。

膀胱炎に気をつけよう

猫も年齢とともに病気にかかりやすくなります。高齢になるほど発症しやすいのが膀胱炎です

人と同様に、猫も膀胱炎にかかります。猫は、体の痛みがあっても言葉で伝える事はできません。そのため、飼い主の日ごろのチェックが必要なんです。

飼っている猫が頻尿になったり、血尿が出た場合は膀胱炎の可能性があります。動物病院へ連れて行く場合は、猫のトイレの状態を詳しく説明しましょう。

猫の選び方色々 あなたは愛する一匹をどう選ぶ?自分に合った猫の選び方

猫の選び方 ですが、あなたは何を基準にしますか?

種類、性別、それとも自分の直感でしょうか。

ペットショップで目が合って運命を感じたり、近所に産まれた子猫の一匹を貰って飼い始めたりなど、愛猫との出会いは様々ではないでしょうか。

残り物には福!の選び方

そんな中で、「残り物には福がある」という諺がピッタリの猫に出会いました。

後に「残り福」だったと感じて、とても可愛がった猫でしたが最初はまさに「残り物」。

他の兄弟に比べて、体は大きいし、キジトラの模様も薄く「The・雑種」という感じのオス猫でした。

他の兄弟姉妹に貰い手がついていくなか、この子猫だけは最後まで残り、予約済みの兄弟たちを尻目にケージの端っこでのんびりと毛づくろい。

人間に例えるなら、周りを気にしないマイペースさんといったところでしょうか。

しかしながら、どうしても猫が欲しかったので、その猫を貰って飼い始めることにしたのです。

選び方 は間違っていなかった!?

選び方 は間違っていなかった!?飼い始めた頃はとても悪戯っこで、カーテンに登って穴だらけにしたり、誰構わず飛びついて引っかいたりと大変。

いたっずらっ子ぶりに家族中が辟易したものですが、半年経ち去勢手術を受けさせた後は落ち着きをみせはじめ家族一同で安心したものです。

この猫はヤンチャではあったものの、トイレの粗相をしたことも無く、食卓に家族の食事が並べられていても上に乗って食べ物を盗ったりすることは一度も無いお行儀のよい子でした。

一匹では寂しいだろうということで、後にもう一匹家族に迎えることにしましたが、その時も新人猫をいじめることも無く後輩猫を可愛がりました。

子猫の時から考えると、信じ難い成長ぶりではないでしょうか。

最初の選び方 に間違いはなかった

最初の選び方に間違いはなかった数年後に家族に子どもが生まれましたが、その時も子どもを引っかいたり悪戯することも無く、そっと赤ちゃんの傍に寄り添う姿はまるで妹を守っている兄のようでした。

その後も新たに猫を引き取りましたが、やはりいじめることは無く新人猫を可愛がり、頼りになる親分猫として病気で亡くなるまで君臨しました。

猫の世話は意外と楽!

猫 などのペットって、世話が大変!!

だから、飼いたいけど仕事してるし無理かも……という人もいると思います。

でも猫って赤ちゃんの時以外は全然手間がかからないんです!!

猫 の世話はとても楽です!

猫 は犬のように毎日散歩に行く必要もありません。

エサをあげて、トイレ掃除をして、時々お風呂に入れてあげればOKです。

猫の世話は特別大変なことではなく楽ですが、愛情をたっぷり注いで一生懸命に世話をしてあげてくださいね!

そっけない態度をとることも多い猫ですが、中には甘えん坊な性格の子もいますから。

猫の世話を実際にしてみて

猫の世話02

私は、今年になって初めて猫を飼い始めました。

今まで猫に限らず、ペットを飼ったことがありませんでした。

ずっと猫が飼いたかったのですが、家族にも許可が貰えなかったのと、やっぱり世話が大変だろうなというイメージが強かったからです。

飼い始めたのは野良猫。

我が家に来たときにお風呂で泥を落としてあげましたが、毛はボロボロでした。

でも餌を入れたお皿がすぐに空になってしまうほど、旺盛な食欲に驚いたことを覚えています。

今もその食欲は相変わらずですが、変わったことといえば毛並みも綺麗になったことでしょうか。

猫の世話は楽ですが、ここに注意!

猫の世話03

実際に飼い始めて、基本的に猫の世話は楽だと実感しています。

そんな中、私が猫の世話をする際に気をつけていることがあります。

それは、お風呂とトイレです。

お風呂嫌いなので、頻繁には入れません。

猫は綺麗好きで舌には浄化作用があると言われ、いつも自分で身体を舐めて綺麗にしますから。

そのため、お風呂は時々入れるだけで大丈夫です。

トイレは、こまめに掃除するようにしましょう。

トイレを清潔に保っていないと、菌が発生して猫が病気にかかってしまう場合がありますから要注意です。

私も以前、うっかりトイレ掃除を忘れてしまったことがあったのですが、そのときはトイレの周りに用を足されてしまいました。

やっぱり綺麗になったトイレが気持ちいいのか、我が家の猫はトイレを掃除すると、すぐに用を足しにいきます。

トイレ以外の場所を汚されないためにも、猫の健康ためにもトイレは頻繁に掃除することを忘れないようにしましょう。

投稿者プロフィール

catcub
catcub
コテツって言うにゃりよ。猫の種類、面白い写真や動画など、猫好きのための、いや、肉球好きのための情報を配信するにゃり。

sponsored link