ラグドールが室内飼いの猫として理想的!

ラグドールが室内飼いの猫として理想的!

ラグドール は最近人気の猫で、英語では「ぬいぐるみ」と言う意味があります。

室内飼いの猫としてお勧めできる品種はいくつかありますが、中でもラグドールは最適だと思います。

sponsored link

ラグドール は大人しい!

ラグドールは 抱っこしている腕をすぐにすり抜けていくような従来の猫イメージと違って、抱っこをしてもまるで本物のぬいぐるみのようにじっと大人しくしている猫です。

おおらかで人なつっこく、小さな子供にも優しい性格の持ち主です。

また、飼い主に従順でしつけもしやすいため、猫を飼うのは初めてという方にもお勧めの品種です。

他のペットとも相性が比較的良いので、ラグドールは室内飼いの猫として理想的と言えるのではないでしょうか。

ラグドール の毎日の世話は?

ラグドールの餌

大人しい反面、猫らしい狩りに対する意欲など運動への関心が低いので、ちょっと鈍いんじゃないかと思うことがしばしばあります。

でも、走り回ったり爪を立てたりすることがほとんどないので、家具を傷つけられる心配はないでしょう。

長毛種のラグドールは抜け毛が目立ちますが、絡みにくいため手入れは比較的楽な方だと思います。

ブラッシングは毎日してあげましょう。

また、丸みのある体つきで骨格がしっかりとしています。

筋肉質でもあり体重は大人になるとオスが5~7kg、メスは4~5kgほどになります。

大きいオス猫だと10kgを超える個体もいるそうです。

食欲旺盛なぶん、食べ過ぎて肥満になってしまわないように摂取カロリーにも注意しなければいけません。

筋肉をしっかりと作るためにも高タンパクなものを多めにあげるようにしましょう。

他の品種の猫と比べて、成長がやや遅めといわれているので、完全に大人の体つきと色になるのには3~4年かかります。

ラグドール は集合住宅でも飼いやすい!

ラグドールは飼いやすい

吸い込まれそうな美しい青い瞳を持っていて、毛色は白をベースとしてクリーム色やブラウンなどのポイントカラーが特徴です。

そんなラグドールのキレイな見た目に魅了されて、飼い始める人も多いでしょう。

穏やかな性格で鳴き声も小さいラグドールは、マンションなどの集合住宅での室内飼いにも適している品種と言えます。

ニャーニャーと鳴き続けるようなことは、ほとんどありません。

無駄鳴きがないということは逆に言えば、鳴いている時は『飼い主にどうしても訴えたいことがある』と心得て、しっかりと対処してあげてくださいね。

とても甘えん坊なラグドールは、撫でたり遊んであげると大喜びしますから、スキンシップをたっぷりとってあげるようにしましょう。

猫の行動がすごい&可愛い我が家の愛猫!親戚との関係も良好に!

猫の行動

行動 的なのかどうなのか本当に猫は不思議な生き物です。

うちの猫は、かわいくて仕方ありません。

あまりのかわいがりぶりには、家族も呆れていますが、私にとっては、家族も同然なのです。

こんなことを言ったら妻には怒られるかもしれませんが、その思いは決して変わることはありません。

一日のうちのほとんどを寝て過ごしていますが、実は、いざという時のために、体力を温存しているのだといわれており、その通りだと思う出来事がありました。

猫の行動 あくび

猫ならではの行動 !脅威のジャンプ力!

私と外に遊びに行ったときのことですが、突然、物凄いスピードで走り出したのです。

猫の走る速さは、人間よりは圧倒的に速いことで知られていますが、まざまざと見せつけられることになりました。

どうやら、ネズミを見つけたようです。

やはり、普段は良く寝ていることが多いのですが、いざという時の集中力や瞬発力は並外れたものであることが確認できました。

その時に見たのは、猫の走るスピートの速さだけではありません。

ジャンプ力にも目を奪われてしまいました。

身長の5倍にまで及ぶというジャンプ力にも魅了されました。

とても、私には真似できることではありません。

改めて猫の身体能力の凄さを思い知らされました。

猫の行動 寝る

この行動 は猫の挨拶

また、家族の前だけでなく、来客者に対しても目前でお尻を高く上げるポーズをしてくれますが、このポーズもかわいくて仕方ありません。

こんにちはの挨拶をしてくれているのです。

人間にはあり得ないポーズですが、猫流の挨拶なのです。

先日も久方ぶりに我が家に来てくれた親戚に対して、このポーズをしてくれたので、すっかりとその場の雰囲気を和らげてくれました。

その親戚は、ペットを飼育したことがなく、飼った経験があるのが熱帯魚だけということなので、我が家の猫を気に入ってくれるか心配だったのですが、思いきり気に入ってくれました。

我が家の猫のパフォーマンスに魅了されてしまったのです。

私は、手塩にかけて育てたかいがあったとうれしく思いました。

その後も、猫に会うために、足を運んでくれるようになりました。

子猫を救え!襲われた猫を救ったその結果…

子猫 を救え!襲われた猫を救ったその結果

子猫 が道端でカラスに襲われていたので、助けて家で飼うことにしました。

特に大きな病気はしていなかったようで、動物病院でみてもらったあとご飯をあげたら数日で元気になりました。

子猫 が我が家にきてから

子猫 は元気になると同時にやんちゃなことばかりするように!

カーテンは破る、壁紙で爪を研ぐ等すっかり我が家はボロボロになってしまいました。

先に飼っていた猫の餌も奪ってしまうため、ストレスでその子猫 が近づくだけでふーふーと怒り出してしまう始末。

今更飼うのをやめる訳にもいかず、家族が家にいない間はケージに入れて飼うようになりました。

子猫 のトラウマ

子猫 のトラウマ人間に対して恐怖心はないようですが、加減を全く知らずすぐに爪を出してくるため人間も引っかかれてばかり。

爪を切ろうとすると怒り出してしまいます。

そんな困り事ばかりする子猫 ですが、夏の暑い盛り窓を開けておいても外に出ていこうとしません。

人間が外にいるときに少し外に出てきましたが、すぐに家の中に戻ってしまいました。

やはり、カラスに襲われたことは恐怖として残っているようで、家の中でも鳥の鳴き声がするとびくっと反応しあたりをきょろきょろします。

その様子をみていると、怖い思いをしてきたこの子猫 を手放してはいけない、大切に育てなくてはという思いがふつふつと出てきます。

子供たちにもその気持ちがあるようで、次男なんかは積極的に子猫 の世話をしています。

引っかかれても嫌がることなく子猫 と触れ合っています。

子猫と家族

子猫と家族少しずつ子猫 も次男に懐いてきているようで、次男の姿を見ると自分からゴロゴロとすり寄っていくようになりました。

その姿をみて、まだ小学一年生の次男も少しずつ子猫 と一緒に成長しているのだなあと感じる日々を送っています。

長男は子猫 にはあまり興味を持っていませんが、以前からいた猫があまりにも不憫に思えたのか、そちらの猫のお世話をするようになりました。

子猫 がきたときには猫を抱えて他の部屋に連れていっては一緒に遊んでいます。

迷い猫を保護した時から癒しの日々が始まりました!

迷い猫 01

迷い猫でさえも猫好きの方々にとっては、かわいいと思ってしまうものです。

実際、私もただ眺めているだけで何となくムフフと幸せな気持ちになってしまいます。

とても幸せな気持ちにさせてくれる我が家の猫は、元々迷い猫で保護した子なのです。

迷い猫 がやって来た!

我が家に迷い込んだ最初の猫は、アメリカンショートヘア寄りのキジトラのような雑種の野良猫でした。

どうも親猫からはぐれ途方にくれていたようで、「みゅうみゅう」と玄関前で泣いていたところを保護しました。

長いしっぽの先がくるりと曲がって、なんとまあかわいいチャームポイントではありませんか。

迷い猫との新たな生活

迷い猫 02

ある日突然迷い猫を保護し驚いたものの、親からはぐれた子猫を放っておけず、早速家族の一員として迎え入れ、新たな生活が始まりました。

とりあえずミカン箱にバスタオルを入れてふかふかベッドをこしらえて、ご機嫌をうかがいました。

次におなかが空いているのではないかとあわてて近くのスーパーへ走り、子猫用のミルクや猫用品を大人買い!

可能な限り至れり尽くせりの歓待をしたわけですが、その甲斐あって安心したのかスヤスヤと眠りに落ちてくれました。

迷い猫に魅せられて……

迷い猫 肉球

以来、毎日興奮の連続です。

寝る前にはほぼ毎日猫用の櫛で毛づくろいをし、時々はお風呂に入れながら水に慣らしていく日々が続きました。

毛づくろいをしてあげている最中の表情や、お風呂に入れた後のかわいい仕草に大興奮です!

足裏のぷにぷに肉球も見逃せません!

適度に爪も切りながら、足先の状態もチェックします。

お嬢様のような扱いに、猫もまんざらでもないようです。

そうこうしているうちに、あれよあれよという間に3年の月日が経ちました。

今では3匹の猫の母になりましたが、育児も終わり堂々とした風格を保っています。

迷い猫として保護した当時の弱々しさは、どこへやら……。

子供達はオリエンタルのようなスラっとした黒猫と落ち着いたチャトラ、そして母猫に似たアメリカンショートヘアのような3匹です。

この子供たちにも母猫と同じように、沢山の癒しをもらいながら楽しく過ごしています。

いつまでも寄り添いながら接して、私自身も癒される……そんな関係を続けていきたいものです。

投稿者プロフィール

catcub
catcub
コテツって言うにゃりよ。猫の種類、面白い写真や動画など、猫好きのための、いや、肉球好きのための情報を配信するにゃり。

sponsored link