猫の肉球はぷにぷにしてるけど役割は何?猫のしっぽはNG?

猫の肉球はぷにぷにしてるけど役割は何?猫のしっぽはNG?

猫の体の中でも大切なパーツが肉球です。この肉球、ぷにぷにとした触感が楽しいということだけではなく、色々な役割があるのです。

sponsored link

猫の肉球とは

の肉球は角質層のしたに脂肪を含んだ弾性繊維が網目状になっています。その為、触るとぷにぷにとした感触になっているのです。

この肉球の役割としては、いくつかありますが、まずクッションの役割としていると言われています。

猫は高いところが好きであることが多く、高いところから飛び降りる時やジャンプをして飛び移ると言う時の衝撃をやわらげる役割があります。

さらに、足音を消すことが出来ますので、静かに近付く事も出来ます。

そして、滑り止めの役割もあります。

最近は室内飼いの猫が一般的になっていますが、フローリング住宅でも滑ることなく歩くことが出来ます。

なお、室内飼いの猫の肉球の特徴はつるつるとしていますが、外にも行くという場合には、硬くザラザラとした肉球に変化していきます。

肉球

肉球の重要な役割

猫や犬は人のように汗をかく事は出来ません。その理由は身体に汗腺がないためです。

汗腺は肉球にしか無いため、肉球は体温調節の役割を果たしているとも言えます。

猫の足の裏には、毛が生えていません。

これは、毛のない部分で直接地面を触れることにより、地面の状態をしっかりと把握するためとされています。

もし、地面に障害物があった場合や異変があった場合でも、すぐに察知し、避けること出来ます。

肉球には、様々な役割があり、非常に大切なパーツでもあります。

その為、必要に応じてケアをするようにしましょう。

猫にはなぜ「肉球」があるの?肉球の役割と驚きのしくみを大解説

猫の肉球図
猫の足の裏を覗くとピンク色や黒の「肉球」が見えます。この肉球とても気になりますよね。猫の飼い主さんなら、愛猫の肉球をプニプニしたりツンツンしている方も多いはず。私もやっています。

この肉球はなぜあるのか考えた事がありますか?猫にとっては「あった方が便利なのかな?」とは思っても、実際の役割は考えたことがないかもしれませんね。そこで猫肉球部では、猫の肉球の役割やしくみ、お手入れ方法をお教えします。

猫の肉球とは

肉球の正しい名称は「蹠球(しょきゅう)」と呼ばれ、動物の足の裏に見られる「毛が生えていない、肉の盛り上がった部分」のことを指します。猫の肉球には汗腺があり、猫はここからのみ発汗しているんです。

肉球を「蹠球」と呼ばないことには諸説ありますが、肉球の一部を指す「掌球(しょうきゅう)」との聞き間違えを防ぐためとも言われています。「掌球」とは、人間で言う掌にあたる「肉が中央で大きく盛り上がった部分」を指します。普段の私達の生活では、肉球の部位の呼び名まではあまり意識しないかもしれませんが正式な呼び方がある事に驚きますよね。

猫の肉球の役割

肉球は、歩行する際に地面と接触して踏みしめる役割だったり、樹木などの高いところに登った際に、滑り落ちないようにするため、肉球の汗腺から汗を出したり、クッションの代わりになっているのです。他にも獲物に足音を悟られにくくするなどの役割があります。もしも手足が毛に覆われていると、滑って踏ん張りが効かないのと同時に、毛が摩耗してしまい、その下にある皮膚を守ることが出来ないのです。

室内で飼われている猫の肉球は、指で押すとプニプニとした柔らかい感触がしますよね。ですが、屋外で暮らしている猫の場合は地面との摩擦で肉球が角質化し、少し硬い感触になっているんです。

猫の肉球図

  • 【1】爪
  • 【2】指球(しきゅう)
  • 【3】掌球(しょうきゅう)
  • 【4】狼爪(ろうそう)
  • 【5】手根球(しゅこんきゅう・前足のみ)

※猫が歩く際、手根球を用いることはありませんが、一説には手根球の内側の骨を保護している名残ではないかと言われています。

肉球にはお手入れが必要なのでしょうか

基本的には肉球にお手入れは必要ありません。お手入れをしてあげたい場合には成分無添加の猫用クリームを使い、優しく塗り込んであげましょう。インターネットなどで、猫用クリームが販売されています。その中から選んで購入しましょう。人間用のハンドクリームは、香料などの添加物が多く、猫が体調を崩してしまうおそれがあるため、使用しないようにしましょう。

肉球は猫の健康がわかるバロメーター

体から汗を分泌しない猫にとって、肉球は汗をかく唯一の器官です。そのため生活している中で、猫がフローリングを歩いた足跡がくっきり残るようであれば、猫がストレスを感じ、肉球に汗をかいている可能性があります。騒音や、見ず知らずの人間や動物など、猫のストレスの原因を探り、できるだけ速やかに取り除いてあげるようにしましょう。

また肉球は、皮膚の状態を直接確認することができる部位でもあります。ピンク色の肉球の猫の場合には色が少し白っぽく血色がよくない時は、体に別の不調を抱えている可能性があります。早めに獣医さんのところへ連れて行き、診察してもらうとよいでしょう。肉球の色の変化で猫の体調をみることも大切なのです。

コテツの部屋 猫肉球部の公認キャラクター

猫パンチを爪が引っかかって痛いのだ

プニプニの肉球で攻撃してくるなら怪我をしなくて済むのですが、猫は腕を伸ばすと爪を出してくるため、飼い主さんはいつも傷だらけです。猫の爪は、腱と靭帯がつながっているため、腕を前へ突き出す動作で簡単に爪が露出します。飼い主さんが怪我をしないよう、爪切りで切り揃えたり、やすりをかけたりして、爪の先を丸くしてあげるといいでしょう。

猫の肉球をケアしよう

猫はトイレをした後に、トイレ砂を排泄物の上にかけるような仕草をしますが、この時に肉球が汚れてしまうことがあります。

ほとんどの場合は猫自身が舐めて綺麗にしますが、十分に汚れが落ちていない場合には、ウェットティッシュなどで拭き取るようにしましょう。

短毛種では必要ありませんが、長毛種の場合は足の裏の毛が伸びてしまい、肉球を覆っている状態になっていることがあります。

このような場合では肉球の滑り止めとしての役割が果たせませんので、脚を痛めてしまう原因にもなりますので、定期的にカットするようにしましょう。

そして、爪とぎをしない、高齢である場合には、爪が伸びてしまい、肉球に刺さってしまう事があります。

また、猫によっては爪とぎが苦手という場合もありますので、足裏の毛をカットする時に爪が伸びていないかどうかも確認するようにすると良いでしょう。

猫のしっぽに隠された役割とは

猫のしっぽ

猫は可愛らしい動物ですが、その可愛らしさを助長すると言ってもいいのが猫のしっぽです。

しっぽを振る姿を見ているだけでも人間は癒されてしまいます。

ですが、人間を癒してくれるために存在するのではなく、ちゃんとしたしっぽの役割というのも存在します。

それを知るだけで、実はこの時猫はこんなことは思っていたということが分かるようになります。

猫のしっぽの役割

猫のしっぽは、尾椎と呼ばれる骨が中心にあり、そこを様々な筋肉が張り付いているような状態となっています。

しっぽを様々な方向に動かす筋肉から微細な動きを司る筋肉があります。

よく猫のしっぽは引っ張ってはいけないと言われますが、骨や神経を引っ張るのと同じ行為であり、それによって猫の内部に大きな影響を与えます。

最悪の場合は歩行障害などにも発展することから扱いを慎重にすることが求められます。しっぽの役割として、まずはマーキング効果があります。

マーキングは、縄張りを示すための目印のようなものであり、猫はしっぽで臭いをこすりつけて縄張りであることを主張します。

猫がしっぽで電柱や家の柱などにこすりつけているようなシーンがあれば、縄張りを主張しているのだということがわかります。

猫の尻尾の意外な機能

猫のしっぽの役割

すばしっこく動くのが猫の特徴ですが、この際、バランスをうまくとるために猫のしっぽが機能します。

例えば、足場の狭いところを4本足で歩く場合、器用にしっぽをずらしてバランスをとります。

猫の中にもしっぽのない猫も存在しますが、こうした猫はすぐに落ちてしまいます。

つまり、しっぽの有無がバランス感覚に影響を与えていることがわかります。

猫鍋でも代表されるように、寒くなると猫は丸くなる傾向にあります。

その際、猫のしっぽがマフラーのような形になり、体を温める効果もあるのです。

しっぽ自体はふかふかであり、ファーのようなものであると考えるとイメージがしやすいです。

感情を表す場合にも使われ、垂直に伸ばした状態は子猫時代を思い出した時、しっぽを膨らましているときは怒っている、もしくは不安に駆られている時、しっぽを股に挟んでいるときは他の猫とのバトルで降伏を示している時、ブルブル震えさせている時は人間の貧乏ゆすりのようにイライラしている時となっています。

猫の尻尾は重要な役割のひとつ

こうみると、人間と同じような使われ方がしており、しっぽの役割も多岐にわたることが明らかです。
猫にとって大事であり、もう1つの足とも言えるほど大事なものであることがわかります。

猫を好きな理由をお話しします!我が家の猫が可愛すぎます!

猫を好きな理由01

猫を好きな理由って、何ですか?

我が家では猫を飼っているのですが、その子が可愛すぎるんです!

寝顔やご飯を食べている仕草、キャットフードをひっくり返して反省……というような仕草をされると「我が家の猫が世界一可愛い!」となってしまいます!

トイレで用を足している姿さえも可愛く感じます。

猫 を飼うことになったきっかけ

猫を好きな理由02

猫 が好きな理由をお話しする前に、どうして飼うことになったか、まずはそのきっかけからお話しします。

昔から動物は大好きですが、犬やほかの動物より猫のほうがが好きです。

最初に猫を飼うきっかけは、私が学生の頃のこと。

知人が子猫の里親募集をしていて、譲り受けたのがきっかけでした。

だんだん愛情がわくように……

おびえているような表情の子猫に恐る恐るミルクをスポイトであげました。

最初はなかなか飲んでくれずに困りましたが、慣れると猫の方からスポイトのそばに来てくれてなんとか飲ませることができました。

猫を飼い始めた当時の一大イベントは、お風呂に入れることでした。

大暴れしたものの、そこは子猫。

まだ力が弱く、わりと簡単に押さえることができました。

ただ、なにかとても悪いことをしている気分になったのは言うまでもありません。

徐々に水にも慣れて怖くないと分かってくれたようで、今ではシャンプーのときも暴れなくなりました。

このように猫の方も日々の生活に慣れて世話がしやすくなってくると、自然と愛情もわいてきます。

猫のここが好き!

猫を好きな理由03

猫の外見で一番気に入っているのが、目の大きさです。

じっとこっちを見つめるくりんとした大きな目を見た瞬間、一気にこの猫のことが大好きになりました!

目の大きさが、猫を好きな理由の一つと言えるでしょう。

また、庭でいつも日光浴をしながら毛づくろいをしているおかげなのか、毛並みが美しくサラサラしています。

撫でると気持ちよさそな表情をするところも、たまらなく好きです!

毎朝起きる時間になると、私の布団に入って起こしに来てくれます。

まるで「ご主人様まだ寝てるの~?」と言いたげに鳴いたあと、肉球で顔を叩いて起こしてくれます。

「ニャー」と鳴くその鳴き声も、私が猫を好きな大きな理由ですね。

甘えた可愛い鳴き声を聞くだけで、1日の疲れが取れてしまいます。

猫の鳴き声には、ヒーリング効果でもあるのでしょうか。

猫のおかげで次々と新しい発見があり、楽しい毎日を過ごしています

投稿者プロフィール

catcub
catcub
コテツって言うにゃりよ。猫の種類、面白い写真や動画など、猫好きのための、いや、肉球好きのための情報を配信するにゃり。

sponsored link